KTM大阪北スタッフによるブログです | Tag Archive | 390DUKE

01

4月

390ADVENTURE入荷しました!試乗車も慣らし完了ではないですが乗れますよ。

車両の仕上がりもすごく良いです。スタッフも乗って足回りがすごく良い!と言ってました。僕も乗りましたがエンジンも低回転から粘り、スムーズに乗れるエンジン。ロードで乗って足回りも固すぎず、柔らかすぎず丁度良いです。

これからエンジンもサスペンションも乗るにつれて、動きが良くなると楽しみですね。

このクラスで伸圧の調整付きです。

Rはプリロードと伸が調整出来ます。普通に乗って、調整する事はそんなにないかな。これからですね。

細かい点ですが、ブレーキペグも前後の位置調整出来ます。

EXCと似たデザインで高級感有ります。

もちろんフルカラー液晶です。

シガーソケットもあってUSB変換して使っています。結構豪華装備です。

大きいADVENTURユーザーさんが興味津々です。

クイックシフター+をインストールしてるだけの、ほぼノーマルの状態ですが個人的に満足です。

林道も結構いけます!ADVENTURクラスでは軽いし楽々です。

ノーマルのタイヤはコンチネンタルのTKC70。どうかなーと思いましたが、なかなか登ります。

林道走るならステップラバー外して、スキッドプレートなどのオフ装備も付けたいですね。

これからキャリア関係が各社から出てくると思うと楽しみです。

オフロードやってみたい。でもナンバーとれても専用のEXCを買うのも勇気がいる。アドベンチャーバイクなら、オフロード向いてないな~と思ってもオンロード性能も高いのでどうだろう!一歩踏み出してもらいたいです。

1290SUPER DUKE Rも動画で気持ちも盛り上がってきました。

ホント、ほとんど変わってます。

まだまだ日本に多く入っていませんが、楽しみな一台です。

常備在庫しているチェーンが変わります。今まではDIDの520VX2でしたが、520VX3に変更されます。以前より強度が上がりました。

790DUKEなど100PS越えの車両にはVX3では無く、ZVMXをオススメしていきます。

KTMのブログで、125,000KM走行した500EXCの記事がありました。

現在は141,000KM走行されています。レースでの使用ではなく、アドベンチャーバイクらしい使い方で、きちんとしたメンテナンスをしての結果だと思いますがエンデューロバイクでそんな耐久性が有ります。

待ちに待ったアチェルビスのLEDヘッドライト。

HiとLoの切り替えの無いレース用です。本体価格2万円までで買えるのでかっこいいし、品質的にも良いです。MADE IN ITALYです。

純正のヘッドライトと簡単に交換出来るように純正と同じコネクターで作りました。

この工夫だけで、ぐっと使いやすくなります。

メーカーさんには注文入れていますので、予約待ってます。色はオレンジのみとなっています。

最近、サンスターのブレーキディスクを付けて頂く事が多いです。

790DUKEはインナーローターがアルミなので、サンスターに交換すると軽くなっちゃいます。当店ならではの精密組立で取付し、キャリパーも少し外にオフセットします。

握った分だけ効いて、握ったフィーリングも良く、コントローラブルなブレーキを提供出来ます。

納車から2年以内の車両は、ノーマルディスクの下取も出来ますので、ご相談下さい。

もちろん、1290SUPER DUKE Rもやっています。

ちょっと金額もはりますが、自分のバイクは人よりよくしたいものです。

ちょっと最近、細かなカスタムですが目に見える所のボルトを日本特殊螺旋工業さんのベータチタニウムのボルト交換しています。

さっそく紫の注文ありがとうございます。

こちらの250EXC SIXDAYS TPIも

削り出しスロットルの所と

ブレーキキャリパーボルトの交換をさせて頂きました。

また乗り換えする時にも使えますので、ぜひ揃えて下さい(笑)

さっそく390ADVENTUREの納車整備。

その他、色々していますが納車間に合うように急いでやっています。

当店初めての390ADVENTUREのご購入、ありがとうございました。

125DUKEの中古車納車整備 10,000kmも近いので販売前に色々と整備します。

前後キャリパーの清掃、給油。

タペットクリアランスはぎりぎり寸法内の物は出来るだけ広めにふって4か所の調整です。スパークプラグも交換しておきました。

アクセルとクラッチのワイヤー給油。レバーも外して清掃給油と調整です。

エアクリーナー交換、フォークシールは清掃給油、スタンドは清掃給油と調整しました。

エンジンオイル、クーラント、ブレーキフルード、バッテリーなどもハイグレードな物に交換しています。

遠方から購入、ありがとうございました。

RC390 最初の開店イベントに来て買って頂いた車両です。もう五年の付き合いになります。

キャリパーの清掃、給油。

フォークシール、結構汚れていました。

レバー周り、清掃給油と縦方向のガタ調整しています。のった時のフィーリングも良くなっていると思います。

ブレーキフルードは水分量NGで交換です。

いつもありがとうございました。

390DUKEにもバーエンドミラーを付けてますよ!もち、125DUKEと250DUKEにも可能です。車体がコンパクトなので、大柄な方だとミラーに足が当たります。ご注意を。

ちょっと専用でカラー作って付けます。既存ミラーの穴も塞いでちょっとコストかかります。

2017 250EXC-F。阪下で走ってて休憩後にエンジンかけようとしたらかからない。

クランキングしてもプラグ濡れないし、ガソリンの臭いがない。

圧縮圧力もOK

インジェクターも別途用意して噴射のテスト。PCに繋いで噴射テストしても問題無いけど、実際クランキングすると噴射しない。バッテリーは弱いけど、そこまでダメじゃない。

KTMジャパンに問い合わせても不明。20年近く外車でメカニックしていますが、故障で問い合わせして解決した事は無いです。頑張って色々と教えてくれます。ですが僕たちも実際に現場で車両を見てみない限り解決出来ません。僕の師匠も行ってましたが、見て分解して時間かけなとわかりません。僕も、そんなもんだと思います。

状況の確認、診断、症状の再現、それと臭い、音、車両の程度、使い方、色々な情報を集めての判断材料が必要です。

それから地道に「良い圧縮」「良い火花」「良い混合比」で解決。もちろん自身の経験で判断するのも必要ですが、経験にもとずく方法だけに囚われる事無く、公平に判断していきます。

日本のメーカーさんなら圧倒的な人員で、何でも教えてくれるのかも知れませんが、外車で僕が経験したメーカーではそれ専任でいるわけもないので、解決出来ません。そんな時間もないと思います。

昔、他メーカーで勤めていた時に日本の小さなディーラーがヨーロッパ本社のチーフの技術者も知らないような事を指摘しました。現場の事は現場です。

日々、あきらめずに作業に打ち込みます。

原因はレギュレターもパンクによる過充電。リチウムバッテリーが3年使用されていたり、バッテリーターミナルが錆びて腐食していたりしてたのも原因かもしれません。

結果は配線図でいうパワーリレー。 まあ、普通のリレーですね。

なかなか時間かかりました。基本的に常に納車整備と点検整備と車検整備を宮崎君がフル稼働でリフトで作業しているので、難解な整備は僕が開いた場所や隅っこで作業。外車メカニック2年目くらいでは、まだ故障診断は出来ません。まだまだこれからの成長が楽しみです。

390DUKEの1年点検。お待たせしました。

タペット調整

チェーンが伸びていたので、スプロケットも合わせて交換させて頂きました。

キャリパーも結構汚れていました。

メーター、ヘッドライトをアップデート。

距離の割には、結構汚れていました。アクセル開けているいるのが、わかります。

ダストシール清掃給油しておきました。インナーチューブ錆びが発生していたので錆びの除去と防錆しておきました。

作業のご用命、ありがとうございます。また色んな所に遠征して下さい。

390DUKE 2年点検です。

前後キャリパー清掃、給油です。それなりに汚れていました。

前後のブレーキフルード交換でした。水分量NGですね。

フォークシールも結構、ゴミが入っていました。

操作系もきっちり清掃給油しておきました。

ウォーターポンプシールからの水漏れでした。定期的に来店があれば、もっと早く処置したり、発生を早く察知して未然に防げました。オイル交換を定期的に来て頂いている方は発生が少ないのですが、来店無い方はわかりません。

応急処置させて頂きました。

もっと早めに見せて頂ければ~と思います。ありがとうございました。

1290SUPERADVENTURの定期点検です。元祖、SUPERADVENTURですね。

エアクリーナー交換

スロットルバタフライとボディの簡易清掃もしておきました。

前後とも、ブレーキフルード交換させて頂きました。

クラッチフルードのミネラルオイルも、なかなかな汚れ具合でした。

後は作動部の清掃給油やリコール作業をさせて頂きました。

いつも、ありがとうございます!

1年点検の390DUKEです。

前後キャリパー清掃給油です。なかなか汚れていました。

可動部の清掃給油。

もちろん、調整も。

水分量NGで交換しましました。

ダストシール清掃給油。エアクリーナー交換させて頂きました。

気持ちよく走ってもらえるように頑張りました。ありがとうございました。

リチウムバッテリーメーカー、アリアントのバッテリー充電器が故障しました。

これ業務用で、とても便利で色んな事に使っています。

直しました。これ無くなったら買えないし、とても優秀なので自身で修理できるうちは修理します。

注文中のバッテリーが、コロナの影響で4か月待ちです。待ってます(笑)

モタード化(オフに戻しやすい)した片に向けて連続写真でホイール交換の説明を作りました。慣れるまでが難しいです。久々にしましたが、知恵の輪です(笑)

スタッフの790DUKEのサスペンションのスプリング交換を行いました。

Rサスのスプリングレートは試乗車より、1ランクレートを下げておきました。

女子に乗ってもらい、サグ出ししてバッチリ合わせました。

サスペンションが伸びきった状態から、自重で沈んだ状態、そこからライダーがまたがって沈んだ状態。

自分に合わせてサグを調整するともっと気持ちよく、安全に楽しく乗れます。

MTBとかでもそうなんですが、まずは自分に合わせてサスペンションのサグ出し。それからだと思います。

790DUKEを購入の際はぜひ相談して下さい。

ちょっと変わった商品ですが、サブコンメーカーのCOOBERから790DUKE用のマフラーステー。女子スタッフも取り付けていますが、ツーリングライダーなら、荷掛けフックもかけられます。

タイヤ交換作業です。

Rタイヤの交換ですが、バランス調整して組み立てする時にはダストシールの古いグリスの清掃と新しいグリスによる給油を行います。それと同時にベアリングの調整と点検も行います。

アクスルシャフトの清掃。

点検後に給油を行って取り付けます。

こういった細かな事でホイールベアリングの寿命も決まってきます。

アクスルを通した後には正確なトルクで締めれるようにネジの部分を清掃。

カラー類も給油して取付します。ちゃんとトルクレンチつかいましょう。毎日していても人間はトルク感知に+-20%の誤差が出ます。

機械の知識がある人ほど、トルクレンチです。トルクレンチは物により、使い方により、管理方法により誤差は出ますが3%以下の誤差に抑えれます。恒温室でエンジンを組むのにもわけがあります。

トルクかかってない車両多いです。洋品店でタイヤ交換してナットとれなかっただけでトルクかかってなくて簡単に緩むの多いです。今まで取れた事が無いから、では安全ではないと思います。適切に、と適当にでは大きな違いです。

Rタイヤも表面のワックス成分を清掃。

チェーンの張りも点検調整して出来上がりです。場合によっては給油も行います。

ただ簡単にタイヤを交換するって作業では無く、一連の最低限しないといけない作業をしています。チェーン張らないといけないのに、なかなか素通りするのも。。。言われた事だけ、価格の分だけ仕事するのも仕事ですが。。。

タイヤ交換までして、チェーン伸びててもそのまま。ベアリングにガタが有ってもタイヤ交換だけして終わり。といった事はしていません。

パッドが減っていたり、明らかにディスクが減っていたら1/100mmで計測して交換をオススメします。

作業するのに、その都度、他に悪い所が無いのか探しています。次回のエンジンオイル交換まで不調にならないように見ています。

みたらし団子のお土産、ありがとうございます。

また悪くなる前に来てくださ~い(^^)

気になって調べました。

2019 エルズベルグ

2019 WESS

エルズベルグもWESSも半分くらいはKTMです。Rサスはリンク式の方がいいのじゃないか、と年代が古い人ほど言われます。でもカンチレバー式、KTMの方がサスペンション自体も軽く車体も軽いです。リンクが無い分、車両も軽く最低地上高も高くできます。SIXDAYSだと装備も性能的に高い物が付きます。

KTMでもスピードで高いモロクロス、ラリーなどはリンク式です。昔のモトクロッサーは直付けでリンクなしでしたね。ジャンプしてサスストロークが必要なら、リンクが必要だという考えでしょう。

でも、そんな大きな距離を飛ばないエンデューロだとリンクな無い方がメリットが多いと思います。

聞いていると自分の体重にあったスプリングにしていない。走っているけど、きちんと整備が出来ていない。サスペンションのメンテナンスがいつやったかわからない。運動部分、可動部のメンテナンスが出来てない。

そこさえすれば、FIMタイヤでも前に登れなかった所も登れると思います。

もちろん、基礎的なエンデューロ的な乗り方も必要だと思います。

まずは自身の車両がKTMのメンテナンススケジュールできちんと整備されているか必要です。そこで個々の人の使い方と車両にあったメンテナンスも重要です。当店で整備する必要もないですが、プロの目で見る事も必要です。きちんとした店、良い付き合いが出来る店を見つけるのも自身が気持ちよく、楽しくオートバイを楽しむのには必要だと思います。

390DUKE

盆明け

蝉に好かれる人がいました。意外と苦手らしいです。もう少なくなりましたね~。

うちの子、最近涼しくなって活動的です。起きていたら、かまってあげてください。

自分たちの盆明けから、ばんばん仕事をさせて頂いています。

やっぱり一番人気なのは390DUKE。初めてのバイクにKTMってのは390DUKEが多いんじゃないでしょうか。 昔、400SSとか100万くらいしたな~と思うと、性能も良いしめちゃくちゃ良いバイクです。




一番人気なのは、軽いし、エンジンも新しいので全域でパワーも出ていて、エンジンフィーリングも良い、燃費も30km/lいく。何でも持っている車両です。





意外とヘッド開けてみると、オーストリアで作られている車両と同じ構造です。ロッカーアームもDLCされているし、お金かかっているエンジンです。

クラッチもバックトルクリミッターと握りが軽くなるアシスト付きます。

サスペンションもカートリッジになって乗りやすい。速度が出てても、低速でも乗りやすく、乗り心地も良いと思います。

Rサスもグレードアップしているので、乗り心地とスポーツ性を兼ね備えています。 侮れません。

ヘッドライトはもちろん、ウィンカーやテールランプもLEDです。豪華ですよ。

それにフルカラー液晶。日本メーカーなんて無いでしょ。スマホと連携で誰からかかっているかもわかります。音楽の選曲も手元で出来ます。



買いたいバイク、買えるバイク、乗りたいバイク。

軽いし、パワーあって、乗ると面白い。結構色々と持っているバイクです。

そこに隠れている名車、250DUKE。

日本仕様はサスペンションが違います。他、何か色々と違うんです。




なんか、ストレスなく気持ちよく回るエンジン。それとなんかマッチしているサスペンションです。

390DUKEと悩まれてて250DUKEと乗り比べて好きで250DUKEを買う方もいます。そりゃ390DUKEの方がパワー有ります。でも250DUKEって意外と乗り比べて気持ちいいんですよ。

初めてのバイクを一台、めちゃ悩みます。周りの人が大型多いなら、390DUKEがおすすめです。中型が多いなら250DUKEでも全然OK。

ひそかに人気です。

最近熱い!790DUKE。なんか僕もサーキットからツーリングまで使っているし、女子スタッフ90DUKEライダーで押しの一台です。



800cc 103HPで169kg(ガソリン無し重量)

ほんと、気軽に乗れます。大型バイクと思わせない軽さ。そこが、一番のポイントです。クイックシフターも標準で切り替わり、乗ってて楽しい一台です。

スタッフゆこ号、納車してからオイル漏れ、水漏れも皆無でトラブル無しです。納車整備で出来るだけトラブルないようにしています。ご安心を。

もっと良くするのに日本人の60-70kgくらいの体重の方で向けのスプリングを用意しました。

FスプリングはMade in Osaka 。 RスプリングはMade in USA。両方ともにシングルレートです。色々と試して、ここに行きつきました。半年くらいかかりました。




一部、アルミ削り出しで黒アルマイトの部品を使っています。



サグ出しの簡単な説明はホームページのSHOPページで書きました。



EXCなどの競技志向の強い車両は全車、サグ出ししてから納車していますがオンロードも一部ばちっと出してみると凄く良くなります。

是非試乗車で良さを体感してほしいです。

パワーパーツなど、もっとカッコよくする部品がでていますので、ご相談ください。




KTM乗りの憧れ1290SUPER DUKE R



うちのスタッフ宮崎君がよく気に入って乗っています。

上質な足回り。イメージとは違い乗りやすく操りやすい車両です。

サスペンション、ブレーキ共に市販車でトップレベルの物がついています。

ツーリング使いしている人がほとんどですが、スポーツ走行でもかなり高い性能で満足させてくれます。

試乗車ありますので、乗ってください。

ちょっと靴特集

最近一番使っているブーツ。



アルパインスターズとKTMのコラボ商品です。

ふらっと出る時でも気軽に履けるので面倒な事も無く、あなたの足をガッチリガード。

2-3回使ってもらうと、なんか足にフィットして乗りやすくなります。

店頭でサイズ揃えています。KTM乗られているなら是非どうぞ。

http://ktm-osakakita.shop-pro.jp/?pid=145063906

EXCブーツ。

アルパインスターズのTECH7のエンデューロソールです

こちら、張替可能です。同じのもOKですが、ビブラムソールも出来ます。

SMX-1ブーツ。ロードモデルの最高峰の一つ下のモデルです。

うちの宮崎君が使っています。比較的動きやすくて軽いので初めてのロードブーツお勧めです。

こちらも同じく張替可です。

http://ktm-osakakita.shop-pro.jp/?pid=145063937

張替には10000-15000円かかります。+で往復の送料がかかりますのでご了承下さい。

ガエルネもやってますよ。個人的に自転車通勤用に買ったナンバー145。

靴系は履いてからでないとわからないので、店頭で購入お勧めしています(^_^)

新しく取り扱いブランドを増やしました。P3CARBON。

ハンドクラフトで作られるハイエンドカーボンプロテクションパーツです。全ての製品は情熱を籠めてアメリカで作られています。

2018 FIM SUPER ENDURO チャンピオン Cody WEBB

大きくしてもらうと、カーボンアンダーガードの所にP3と書かれています。

350EXC-Fです。

脇道ですが、トップレベルの方は、バレットのスイングアームガードとTMデザインセットがおおいですね。

GNCC V6 チャンピオン Kailub-Russell

その他、KTM以外の有名ライダーがサポートを受けています。

全てではありませんが、KTMファクトリーでも使われています。

Kailub-Russell が1年間練習とGNCCで使った物だそうです。トッププロの方が1年酷使しても、まだまだ使えます。

アメリカの毎週乗る若者が3年使ったくらいでも、全然問題ありません。とても頑丈です。

自社工場にて手作業で作られています。

社長さんとメールで連絡していても、とても物作りに情熱的です。そして土日関係なく、夜の10時でも連絡くれます。

価格はアメリカの金額に合わせています。

なので、KTMのパワーパーツより手ごろだったりする部品もあります。

P3CARBONを、より多くの人に知ってもらう為に頑張ります。

KTM以外も順次取り扱っていきます。

ご連絡いただけたら、他の色も販売可能です。

http://ktm-osakakita.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2540987&csid=0

まずは250EXC 2020 と 2019などで販売開始です。よろしくお願いします。

神崎