KTM大阪北スタッフによるブログです | Archive | 1月

01

年末と年明けの事

2021年になりましたね。今年もよろしくお願いします。

やっとブログ使っているワードプレス。まともに画像認識してくれるようになりました。半年?一年ですかね。ちょくちょくアップデートしてくれるのはいいのですが、使い辛いのはきつい。

ほんとそんな事が多いです。これで少し楽になりました。


冬は林道が気持ち良いっすね。林道ツーリングの下見に行ってきました。

390ADVENTUREはオフ性能が高いので、楽にクリアー。

Yさんは新車のCT125。いつも楽々で行かれるのですが、前後17インチでクラッチもないので、珍しく苦労されていました。

人気のないところで休憩です。Tさん、あんまり走らないのに普通に来られて意外に凄いです。

コース走行も良いですが、林道も面白いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

大阪市内で展示会。ファン&ライド。今年は3月にする予定です。

赤レンガ倉庫、大阪市内にもあります。おしゃれでした。

隣のブースではDUCATI、BMW、トライアンフやっていた時の同僚の重さんがいたので嬉しい再会でした。今後も続きそうです。

ちょっと仕事の車両配送をお願いされたので、久々に行ってきましたSmotorcycleさん。

おしゃれです。一緒に頑張ってきたいです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

帰りは寄り道して、芦屋の彩華ラーメンだった所へ。

相変わらずおいしかったです。

——————————————————————————————————

仕事で日帰り北海道。朝6時の電車です。からの関空。片道7000円。

セイコーマート、久々で嬉しかったです(>_<)

今年は北海道へレースしに行きたいです。

——————————————————————————————————

メーターが真っ黒で点かないとの事で、色々調べたら配線図に無い部品が???

パーツリストにはあるんですよね。この部品のパンクでした(´;ω;`) 外車あるあるです。なんでもかんでもデータが正しい訳ではないです。誰かに聞いたらわかる訳でも無い。実際目の前にある車両を直すだけです。

聞いて何でもわかるメーカーさん、羨ましく思います。

——————————————————————————————————

そして元、あの方の車両の整備。

あんまりKTM以外の車両はやっていませんが、知っている人でフォークの整備だけだったので。殿の言葉だと断れない(笑)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

トップブリッジのベアリング交換。

この為だけキレイに一発で圧入出来る工具のアタッチメントを工具鋼で作りました。

ピタッとあいます。

若干、合わない工具(それようの専用工具なのに)だったので自作してピタッと寸法合わせると気持ち良く早く終わります。

当店の790ADVENTURER Rも準備中です。

ステップはVANASHEMOTORSPORTSのワイドステップへ。少し下に+少し後ろに移動します。

2周り大きいですが、重量は少しだけ重くなります。グリップ安定します。

Fスプロケカバー交換です。

新品のチェーン、グリスの中で組み立てているので新車状態でもスプロケットカバー裏がグリスでいっぱいです。新車でとりますが、どんどん遠心力でグリスが飛んで、熱で溶けて出てくるのが多いです。

スイングアーム外してスイングアームのベアリングもグリスアップして、組み立ててます。

————————————————————————————————–

チェーンアジャスターも外してグリスアップです。

そして前回り。

ステムも抜いてグリスアップ。

サスペンション前後のスプリングはソフト入れました。

軽量なスタッフに乗ってもらうと、オンロード車両くらいのライディングサグ。これでオフロードも良い感じでしょう。

Rも分解清掃グリスアップ。スタッフにまたがってもらいライディングサグもOK。

フロント周り、まだ終わりません。

Fブレーキディスクのシングルディスク化です。

部品は何度も使っているブレンボレーシングを使いました。

高いな~と思われるかもですが、オーバーホールして長い間使えるのでオススメですよ。

Discacciati ディスカチャティ もやってます。 ブレンボもいいですけどね。

1290SUPER DUKE R用。厚さは5.3mmです。ちょい厚です。

EXCをモタードにするディスクです。

同じくEXCをモタードにする時のキャリパーです。キャリパーサポート無しで組んだ方がカッコイイですよね。

これ、スポークに干渉しないようにスポーク側が薄い作りです。

キャリパーにあるように作られたマスターです。

いつもローラ・ディスカチャティさんが連絡とってくれています。

ブレンボから独立された技術者の方が立ち上げた会社です。

ブレンボは鋳物のキャリパーからCNCキャリパーまで作っている、世界中でOEM生産している大きな会社です。

ディスカチャティはMade in 100% Italyを大切にしているブランドです。大きな会社ではなく数を生産していないので、CNC部品だけを作っています。鋳物になると大量生産になりますからね。

EXCをモタードにしたい方は、どうぞおねがいします。

790-1290ADVENTURERのブレーキディスクという事で購入しましたが。。。

全然合わへん(笑) どうも違う品番だったらしいです。まあ、海外製品ありありですよね。 海外の人と連絡しているとミスが多いです。そんな所も多めにみてあげてください。「誰にでもミスはあります。次回から気を付けます」 と、いつもどの国の人もメールをくれます(笑)世界的にミスって寛容です。納期もそうです。

VANASHEMOTORSPORTSのFスプロケットカバーですが、790-890ADVENTURER用です。

790-890DUKE-Rに取り付けると一部当たっちゃいます。

ちょっとアルミカラーと、それに合わせたボルトを取り付けると回避できます。

良かったら、790-890DUKEなどにもつけてください。ここ、オレンジアルマイトになるとカッコイイですよ。

Bonamiciracingのステップ。RC125-390+125-390DUKE用です。

790-890DUKE/R用。

WSBのレッドブルホンダ公式スポンサーです。ここも100%MadeInItalyと箱に書いています。肉抜きも多くて丁寧な作りです。オレンジが好きって方、よろしくお願いします。

さっそく、ありがとうございました。790DUKEのオーナーさんにはレバーセット最高に良いと思います。

ありがとうございました。

既存のパワーパーツステップのカスタム。

ステップバーをもっとグリップの良いものへ。カラーは急いで2階で作りました。

ヒールガードは分厚くしました。このカーボンは高槻の会社です。

890DUKERの納車整備。新車一台づつやっています。

Rホイールのベアリング調整。ダストシールの清掃とグリスアップ。

チェーンアジャスターも固着しちゃうと大変なので一度分解。

清掃して水に強いグリスでグリスアップして組み立てます。

言われないとわからないのですが、重要です。

アクスルシャフトはグリス塗って、ベアリングまで毛細管現象で水が入るのを防ぎます。シャフト自体の錆びも防ぎます。

Rキャリパーのスライドピンも別のゴムに優しいグリスにします。

トルクのかかる接触面にも薄くグリスを塗ります。でないとアルミのあたりが強くなり削れます。

アクスルをチェーンアジャスターに平行にして組み立てます。チェーンアジャスターは0.2mmの寸法で合わせます。

パッドは面取り、鳴き止めの専用グリス塗ります。でも鳴くときは鳴きます。

Fホイールはバランスを取り直し。

ピンチボルト、低いトルクで締めます。雨風当たりますので必ずグリスアップ。

よく、ここが乾いていると締める時に途中でトルクが急に高くなるので注意です。ここのボルト、締める時に凄く重要です。

————————————————————————————————–

アクスルのボルトは45Nmかかるので無潤滑だとアルマイト剥げます。うっすらと剥げかけた後があります。高いトルクに耐えられる専用のグリスを塗って組み立てます。

キャリパー外してすぐは、ロックタイトが残っているので取り除きます。

セラミックスクレーパーで傷がつかないようにキレイにする事を心がけます。

雌ねじのロックタイトが残っていると、規定トルクで締めても規定された軸力が得られないのできちんと除去します。

ボルト側のロックタイトも同じくです。

キャリパーはピストンの動きが良くなるように一度出して

専用の油脂を塗って、きちんと握った時にピストンが滑らかに出るように揉みだしします。

高いトルクかかる所に塗るグリスを塗って、ブレーキディスクとキャリパーが平行になるように工夫して組み立てます。

んん、書くのは簡単です(笑)

サイドスタンドを外してグリスの塗りなおしです。

クラッチレバー外してワイヤーの給油。それと縦方向のガタ調整。

グリスはオールマイティーに◎で、その中でも水に強い物を使っています。

オーストリアモデルはブレーキフルードを交換します。

トップブリッジの調整もします。フォークのボルトは全部取り外して適正トルクで締められるようにグリスアップします。

インドモデルはロックタイトですが、オーストリアモデルはロックタイト塗られていません。一度外してグリス塗って組みなおします。

ちゃんとトルク守って組み立てます。

この写真で組み立てているのは一例です。全部載せると凄い時間がかかるので。

まっすぐ走り、気持ち良く止まれる、気持ち良くコーナーリング出来る車両にしています。

450EXC 販売ありがとうございます。

オフロードの中古車はたいがい中古車完成前に整備済です。

スプリングはソフトからノーマルに変更です。

エンジンオイル、ブレーキフルードも交換です。

プラグも交換ですね。

遠方でのご購入、ありがとうございました。

当店のデザイナーさんと鳴らしツーリング。凄く対照的な2台ですね(笑)いつもは790DUKEに乗られています。

REBEL X ラリーキットを付けて実家へ。こんなに雪が降るなんてなかなかないです。

膝くらいまで雪でした。

メタセコイヤ並木から上は大変な事になっていました。まさか家に帰ったら注意報が出るとは思いませんでした(笑)

2021年は790ADVENTURER R×REBEL Xで楽しもうと思います。

どこかでタイヤ交換された方の車両。サイレンサーのボルトが無かったです。

こちらも気を付けないと。

半日林道ツーリング。初オフロードな方は2名です。

あんまりかたまらないように山へ。

お昼は本瀧寺さん。美味しくいただきました。

季節によって景色がとてもいい場所です。ぜひ行ってみてください。お店の定休日にカレーやってたら、もっと行きたい所です。

遠方から通販、ありがとうございました。

X-GRIPのラジエターガード、Rディスクガード、スロットルポジションセンサーガード、ありがとうございます。当店でが鉄板商品です。

FLOのステップ、棒立ちで乗っても凄くグリップします。これ、凄い好きな方も多いです。

250EXC TPI SIXDAYS の納車整備。購入を一年待って考えての購入です。ありがとうございます。

30mmローシャーシ。体重も軽いのでスプリングは前後ソフトです。

トップブリッジもグリス入れ替えました。

見た目よりガード類、操作系、あったら楽な装備を付けました。

Rディスク、知らぬ間に傷いってるのでディスクが曲がる前に付けましょう。

スキッドプレート、パイプガード、フォークラップはP3Carbonです。

スイングアームカバー、スイングアームガードを付けました。

女子ライダーさん、まだ20台前半で頑張りました。さっそく仲間たちと雨の中林道に行かれていました。何かのせいにして挑戦する人は多いですが、彼女の挑戦する姿はかっこいいです(笑)

次の参加イベントはWEXのプラザ阪下です。色んなイベント待ってます。楽しみですね。

神崎